MicrosoftMoneyではじめる家計簿

Microsoft Money(マイクロソフトマネー)で家計簿をはじめるための手順とテクニックを紹介

カテゴリー


プロフィール

わんぺ

Author:わんぺ
Mail:inuda2004@yahoo.co.jp

サラリーマンの自由研究
賢いダイエーの歩き方
ギルトへの入会方法

最新のエントリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



このカテゴリーの記事一覧 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文

お金を借りたときは?

お金を借りた場合、負債の増加と同時に現金も増加することになります。
負債口座で「借入/利用」にて入力すると負債額のみ増えるだけなので
「資産間移動」で入力します。

「移動元資産」には負債口座を、「移動先資産」に現金を指定します。
-TIPS[事例別解決法]記事全文

EdyやSUICAのチャージは支払として扱うのか?

現金代わりとして利用できる汎用的なプリペイドカードのEdyやSUICA、ICOCAなどどうやって管理するのでしょう。

たとえばあなたのEdyカードに5,000円チャージしたとしましょう。
あなたの現金は5,000円減りますが、あなたのEdyは価値が5,000円分増えます。
MicrosoftMonyでは、このような場合Edyカードを一つの資産とし、現金→Edyへ5,000円の資産間移動を行って処理することができます 。

しかし。。この先Edyで買い物をしたら、都度Edy資産から支払を登録してくことになります。
もちろん正しいやり方だと思うのですが、反面メンドくさくもあります。

おおざっぱに管理してもかまわないというのであれば、チャージも支払とし、例えばSUICAにチャージしたら費目「交通費」の支払、Edyならコンビニでの買い物が多いので費目「食費」の支払として1回の記録だけにしてしまってもいいかと思います。


どの粒度で管理したいのか明確になるまでは、おおざっぱに管理するのもMoneyと長く付き合う手だと思います。
-TIPS[事例別解決法]記事全文

クレジットカードからEdyやSUICAにチャージした場合は?

クレジットカードからEdyやSUICAなどの電子マネーにチャージした場合はどうのなるのでしょうか?

これも資産間移動です。
クレジットカード→電子マネーの資産間移動となり、
クレジットカード資産の資産間移動タブより入力します。

これにより、クレジットカード資産は「借入/利用」(つまり負債)増え、電子マネー資産は「預入」が増えます。
-TIPS[事例別解決法]記事全文
<< 前のページホーム全記事一覧次のページ >>

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

関連書籍

ひと目でわかるMicrosoft Money Plus Edition (マイクロソフト公式解説書)
日経BPソフトプレス

Microsoft Money 製品

Money Plus Edition 書籍付き版
B000VVEO0A
Money Plus Edition
B000VVBFAC

Copyright(C) 2006 MicrosoftMoneyではじめる家計簿 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。