MicrosoftMoneyではじめる家計簿

Microsoft Money(マイクロソフトマネー)で家計簿をはじめるための手順とテクニックを紹介

カテゴリー


プロフィール

わんぺ

Author:わんぺ
Mail:inuda2004@yahoo.co.jp

サラリーマンの自由研究
賢いダイエーの歩き方
ギルトへの入会方法

最新のエントリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



このカテゴリーの記事一覧 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文

大事な概念「資産間移動」

MicrosoftMoneyの資産は「出金」「入金」の他に「資産間移動」という記録ができます。
これは何をするものか、というとMoney上の「資産」同士でお金の移動をするものです。

読んで字の如しなのですが、Moneyを使っていてぶち当たる疑問や問題の多くが
この資産間移動で解決することが多い、とても重要な機能です。
では、どういうときに利用するのでしょうか?


例1:
 A銀行からお金を10,000円引き出した。

 これはA銀行の資産から「出金」にあたるのでしょうか?
 実は、この場合は次の2つのことが起こっています。

     ?「A銀行」資産の現金は 10,000円減った
     ?「現金」資産の現金は  10,000円増えた

 つまり、「A銀行」から「現金」に10,000円が移動していることになります。

例2:
 友人から10,000円借りた。

 これはどうでしょう?「入金」にあたるのでしょうか?
 実は、この場合も次の2つのことが起こっています。

    ?「現金」資産の現金は 10,000円増えた
    ?「負債」資産の現金は 10,000円増えた 
      (負債が増えると言うことはマイナスが増えるという意味です)


 つまり「負債」から「現金」に10,000円が移動していることになります。


このように、ある資産上で現金が減った(増えた)時、
その対価として同時に他の資産上の現金が増えた(減った)
というような記録をするのが「資産間移動」なのです。

これは、複式簿記の考え方で、Moneyが単なる家計簿ソフトではなく
会計の考えを元にしている高級なソフトであることを示しています。


例:銀行からお金を引き出した場合、
  資産の一覧より銀行口座を選択し、「資産間移動」のタブを選択する。
  「新規」ボタンを押す。
  移動先資産には現金資産を選択する
  摘要には何をいれてもかまいません。
st_money03-01.jpg

具体的な使い方記事全文

クレジットカードの利用を記録する-概念-

クレジットカードの支払はどう記録するのでしょうか?
小額なら、銀行口座の引落だけを支払として記録する手もありますが、
MicrosoftMoneyではクレジットカードの利用をサポートしているので正しい手順に従って
管理した方がよさそうです。

MicrosoftMoneyではクレジットカードを1つの資産として登録しますが、その種類は
負債(マイナスの資産)に属する資産として扱います。

そもそもクレジットカードで買物をするということはどういう事なのでしょうか、

例: 5/14 60,000円のスーツをクレジットカードで支払を行った。
   7/27 5月のクレジット利用60,000円が銀行口座から引き落とされた。

 5/14に発生したイベント
  ? 6,0000円の価値のスーツを手に入れた
  ? 6,0000円の支払義務(債務)が発生した

 7/27に発生したイベント
  ? 銀行口座から60,000円が引落される
  ? 60,000円の債務が解消される



クレジットカードを利用すると、以上???のイベントが発生します。
Moneyでは、?と?はクレジットカード資産上の「借入/利用」で記録し、
?と?はクレジットカードと銀行口座間の資産間移動として、クレジットカード資産上の
「返済」(「資産間移動」でも可)で記録します。

具体的な使い方記事全文

クレジットカードの利用を記録する -資産の登録-

1.「資産と口座」を選択し、「新規資産の追加」をクリックする
2.金融機関の選択が現れたら「クレジットカード」を選択する。
st_money08-01.jpg


3.金融機関の一覧が自動表示されるので選択して「次へ」を押して完了。
 一覧に存在しない場合は、「取引先金融機関が一覧に表示されていない」をクリックする。

4.一覧に表示されていない場合は、引き続属性の入力が必要になる、
 「資産の種類の選択」では”クレジットカード”を選択する。

5.「このクレジットカードには金利がつきますか?」の問いがあるが、
 リボ払いや3回以上の分割、キャッシングの利用予定があれば"金利が付く場合がある"を選択する
 関係ないのであれば”金利は付かない”を選択

6.「このカードの利用限度額を入力してください」の問いには、クレジットカードの
 ショッピング枠を入力する。

7.「このクレジットカードの利用明細を記録しますか?」の問いには
 ”利用明細をすべて記録する”を選択
st_money08-02.jpg



8.「入出金カレンダーへの追加」にて、”支払期日を通知する”のチェックがONで
推定支払額と支払予定日を入力しておくと、入出金予定として情報が組み込まれる。
 ※入出金予定は、この入力値のみを参照し、現在の利用額から動的に支払予定
を計算する機能はありません。
st_money08-03.jpg



9.ここまでで、必要な情報はそろいました。後は、マイレージ/ポイントプログラム情報の
登録などがあるので必要な場合は登録します。
具体的な使い方記事全文
<< 前のページホーム全記事一覧次のページ >>

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

関連書籍

ひと目でわかるMicrosoft Money Plus Edition (マイクロソフト公式解説書)
日経BPソフトプレス

Microsoft Money 製品

Money Plus Edition 書籍付き版
B000VVEO0A
Money Plus Edition
B000VVBFAC

Copyright(C) 2006 MicrosoftMoneyではじめる家計簿 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。