MicrosoftMoneyではじめる家計簿

Microsoft Money(マイクロソフトマネー)で家計簿をはじめるための手順とテクニックを紹介

カテゴリー


プロフィール

わんぺ

Author:わんぺ
Mail:inuda2004@yahoo.co.jp

サラリーマンの自由研究
賢いダイエーの歩き方
ギルトへの入会方法

最新のエントリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



このカテゴリーの記事一覧 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文

家計簿をつけ始めた理由

家計簿をつけ始めたきっかけは結婚でした。
独身時代は、メインの銀行口座の残高が先月よりも減っていなければ良し。
とする程度のいいかげんなものでしたが結婚を期に消費スタイルが変わり、付合いやイベントで一時的に大金が出て行くケースが増えました。

こうなると、定期的に残高だけみても減った場合の理由が一時的な出費のせいなのか普段の消費で実は無駄遣いしているのか分からりづらくなり、いまの生活スタイルで結局黒字になるの?赤字になるの?
どちらになるのかを知りたくて、家計簿をつけることを思い立ちました。
スポンサーサイト
Moneyで家計簿の理由記事全文

初めての家計簿

小学生のとき、1度だけ紙の家計簿をつけてみたことがありましたが2日目で挫折・・。
細かい事の管理に向いてない私は、家計簿といってもとりあえずはメインの銀行の入出金と残高の推移ぐらいが分かればいいと考え、使用する家計簿も紙のタイプはもう向かないと感じていたので、とりあえずすぐに入手できるフリーソフトを探して見つけたのがKakeiboでした。
この家計簿は、必要最低限の機能しかないシンプルなものでしたが、かえって分かり易くとても使い勝手のよいものでした。

このときの私の家計簿のつけ方は、以下のような方法でした

 ・管理する口座はメインで使ってる銀行のみ。
  財布の中の現金、サブの銀行の残高は小額なので管理しない。

 ・入出金の記録の単位は銀行ATMでの引出、振込といった預金通帳の
  明細1行が1単位として扱う。


例えば現金を引き出したら、その後の使途が食費だったり教養費だったりするのですが、そのようは分類はばっさり切って、現金の引出し=費目は「小遣い」、これ1つで片付けました。

いま考えるとものすごくアバウトなのですが、これだけでも十分お金の流れを把握できたし、月々赤字なのか黒字なのか十分傾向をつかむことが出来ました。

Moneyで家計簿の理由記事全文

Microsoft Moneyとの出会い -1-

Microsoft Moneyを知るきっかけは「株」でした。
会社のストックオプションやら自分で売買するためやらで証券会社の口座を4つも作ってしまったため、全証券口座を一括管理し、株を始めてから今までのトータル損益や月ベースの損益、できれば時価も自動的に取込んで反映してくれるようなソフトがないかな?と思っていました。

また、当時は全財産の半分ぐらいを証券口座に入れてたので、銀行の残高だけ見ても果たして自分の全財産は今いくらだろう???という状態になっており銀行口座と証券口座を一括で管理したいという要望がありました。
Moneyで家計簿の理由記事全文
ホーム全記事一覧次のページ >>

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

関連書籍

ひと目でわかるMicrosoft Money Plus Edition (マイクロソフト公式解説書)
日経BPソフトプレス

Microsoft Money 製品

Money Plus Edition 書籍付き版
B000VVEO0A
Money Plus Edition
B000VVBFAC

Copyright(C) 2006 MicrosoftMoneyではじめる家計簿 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。